青汁の材料ケールの育て方

ケールはキャベツの一種で、一年中栽培できる緑黄色野菜です
栄養価が高く、「野菜の王様」と呼ばれます

キャベツのように食べやすく品種改良された野菜では、失われる栄養もあるのですが、ケールは原種の栄養素をそのまま維持しています

ただ、ケールには独特の青臭さや苦みがあり、日本では青汁の原料として使われることが多くなっています

スポンサーリンク


ケールの栽培

ケールはアブラナ科の植物で、同じアブラナ科の植物キャベツや大根、菜の花などを育てた場所には植えず適度に肥料を与えることが栽培のポイントです

耐乾性、耐暑性に優れており、沖縄から北海道まで栽培されています

ただ、連作障害が発生しやすいため、最低でも1年、できれば2~3年は期間を開けることが必要です

ケールの種まきに適して時期は3月上旬~4月中です

1.最初は育苗ポットに4~5粒ほどの種をまき、発芽したら3本ほどに間引きします

2.本場が2~3枚になったら発育の良い一本を残します

3.本場が5~6枚になったら地面に植え替えます

株同市の感覚は20~30㎝空けておきます

苗の植え付けが済んだらたっぷりと水やりをします
その後は水やりの必要はありません

週に1回ほど液体肥料を与えます

苗植え後50~60日くらいが、収穫の目安になります

★送料90円メール便OK★【ケール】青汁ケール 【サカタのタネ】野菜種(5ml)922370【RCP】

ケールの効果

ケールはビタミンA・C・Eなどのビタミンも多く、また食物繊維が豊富です

抗酸化物質であるルテインは特に多く含んでいます

食生活に不足しがちな食物繊維やビタミンを補給することで、ガンや生活習慣病の予防が期待できます

スポンサーリンク

ケールの食べ方

アメリカなどでは、リンゴやベリー類といった甘い果物と一緒にスムージーにすることが多いようです

熱を加えることによって、青臭さや苦みが軽減されるので、炒め物などが向いているでしょう

ケールと豚肉のニンニク炒めなどは、抵抗なく食べられるのではないでしょうか

また、揚げ物にすれば食べやすくなります

ケールの味に慣れてくれば、おひたしなどでも食べられます

スポンサーリンク
青汁の材料ケールの育て方 はコメントを受け付けていません。 ケール