朝スッキリ目覚めるための方法

仕事が忙しくて、ストレスが大きいとなかなか眠れなくなります

寝る時間になると、だんだんと目が冴えてきて、早く眠らないと明日の仕事に影響すると考えるとますます眠れなくなる

こんな悪循環から抜け出すためには、まずはストレスの原因を取り除くのが一番です

しかし、仕事のストレスはそう簡単には取り除けません

それならば、それ以外で見直せる部分から始めましょう

まずは、生活の時間管理です

食事の時間とベッドに入る時間をなるべく決まった時間にしましょう

スポンサーリンク


決まった時間にベッドに入る

ベッドに入っても、最初は眠れないでしょう

しかし、毎日決まった時間にベッドに入るように心がけるのです

その際、注意すべきことは、無理に眠ろうとしないということです

ベッドに入る時間さえ守ればよいというように考えましょう

眠れなかったら、ベッドから出ても良いのです

眠る前にスマホを触らない

眠る前にスマホでメールチェックをする人も多いでしょう
そこで、メールのやり取りが始まってしまったら眠れなくなります

ベッドに入る前はなるべく意味のある情報を少なくした方が眠りに入りやすくなります

ベッドに入る3時間は食事をしない

睡眠の質と食事には密接な関係があります

睡眠には脳を休ませるという面と肉体を休ませるという面があります
脳を休ませるためには、ストレスを取り除き、刺激を減らすとのが良いのですが、
肉体を休ませるためには、じっとしているだけでは足りないのです

自分で動かせる筋肉はじっとしていれば休ませることができます
しかし、内臓の動きは意識的にコントロールすることが難しいのです

意識的にコントロールできる内臓の動きと言えば、消化器の動きしかありません
それを、食事の時間や量で調整する以外にありません

寝ている間に、胃や腸が働くような環境では、質の良い睡眠は得られません
そのような、ことを避けるために、寝る前の食事は控えるべきです

睡眠時間を減らすためには、食事の量を減らせば良いとも言われます
内臓の負担を減らせば、それだけ睡眠の質が上がるということです

夕食には食物繊維の多い食事を取る

寝るときに空腹でも、なかなか眠りに入れません
夕食の時に、食物繊維の多い食事をとれば、水分を吸収して空腹感を押さえてくれます

水分を十分に取ることも大切です

スポンサーリンク
朝スッキリ目覚めるための方法 はコメントを受け付けていません。 未分類