食べても罪悪感なし ギルトフリースイーツ

ある調査によると、スイーツを食べて罪悪感を感じる若い女性は8割以上

でも、スイーツをやめられないと答えた女性は9割以上に上ります

そこで注目されているのが、ギルト(罪悪感)なしに食べられるギルトフリーのスイーツ

ギルトフリーの定義は次のようなものです

・無添加の食材を使っている

・小麦粉を使わない、グルテンフリーであること

・白砂糖を使わないこと

・カロリーが低いこと

スポンサーリンク


オーストラリア発祥のブリスボール

2016年夏に東京の麹町にブリスボールの専門店が開店しました

ブリスボールとは、砂糖を使わわない、グルテンフリー、添加物無しのオーストラリア発祥のスイーツです

元々はヨガをする人達が手作りしていたおやつでした

ナッツやドライフルーツを使い、素材の色を生かしてかわいいボールになっています

はちみつやメープルシロップなどの甘味料を使わずに、素材そのものの甘さを味わえます

ブリスとは英語で至福という意味です

食べることで、子供の頃の至福の時間を取り戻すというコンセプトです

FOOD JEWELRYはこちら

上記のホームページからオンラインショップで購入することができます

ギルトフリーのスナック定期購入サービス「スナックミー」

ギルトフリースナックのを定期的に配送してくれるサービスを展開しているのが「スナックミー」です

・人工添加物、上白糖不使用

・マーガリン・ショートニング不使用

・人工着色料・香料・保存料不使用

アンケートや評価を参考にして、定期的に6種類のスナックを届けてくれます

150種類以上のスナックがあるので、どんなスナックが届くのか楽しみになります

スナックミーはこちら

脂肪ゼロのアイスクリーム

暑い季節にはギルティフリーのアイスクリームがあれば良いと思います思っている方は多いはず

明治から発売された「more」は脂肪分0で、普通のアイスクリームの半分のカロリーに抑えています

ヨーグルトが原料になっているので、乳酸菌も豊富です

明治デザートプラス moreはこちら

 

スポンサーリンク
食べても罪悪感なし ギルトフリースイーツ はコメントを受け付けていません。 ダイエット