緑茶で健康 カテキンパワー(健康・美容・予防・摂取方法・目安摂取量)


皆さんの知っているカテキン

このカテキンはポリフェノールの一種でいろいろな効果を持っていることは知っていましたか?

今回はこのカテキンの紹介したいと思います。

それではどうぞ

スポンサーリンク


緑茶(カテキン)で健康生活(

カテキンとは?

カテキンは、お茶に含まれている苦みや渋みの成分のこと。ポリフェノールの一種で、フラボノイド系に属します。緑茶以外のお茶類にも含まれますが、含有量では緑茶が圧倒的です。
味覚的には、緑茶特有の渋味や苦味の元となっている成分です。

カテキンの効果

抗酸化作用

カテキンは強力な抗酸化作用や殺菌作用も持っていることでも知られています。カテキンの抗酸化力は、ビタミンEの約50倍くらいあります。強力な抗酸化作用がありますので、万病の元といわれる活性酸素を取り除く効果が期待でき、老化防止や生活習慣病の予防に役立ちます。

殺菌効果

寿司屋ではよく緑茶が出されますが、実は昔から寿司屋でお茶を出すことには意味がありました。
生の魚介類を食べるため、寿司屋には少なからず食中毒の危険性があります。
緑茶の殺菌効果に期待し、寿司屋では緑茶を出していました。最近では、食器洗剤などにも使われるようになっており、カテキンの除菌効果は大きいです。
また、この殺菌効果は虫歯や口臭の予防にも使われており、歯磨き粉やうがい薬にも、利用されています。

美容効果

シミやシワの原因となる活性酸素を取り除くカテキンの抗酸化作用は、美肌効果も期待ができます。毎日手軽に摂取できる緑茶には、ビタミンCやテアニンのようなストレスを軽減してくれる成分も含まれています。

コレステロールを下げる

食べすぎた日は、カテキンを含む緑茶がおすすめです。カテキンには、肝臓でつくられる胆汁酸の排泄を促し、血液中のコレステロールの増加を抑える効果があります。また、食後の血糖値の急激な上昇を抑制する効果が期待され、カテキンの長期摂取により、体重や体脂肪の低減が認められたという研究結果もあります。
また、カテキンには、悪玉コレステロールの増加を防ぐ作用もあり、動脈硬化や心筋梗塞などを防ぐことができ、生活習慣病の予防にも繋がります。

カテキンの効果的


カテキンを効果的に摂るためには、煎茶がおすすめです。緑茶の有効成分は、数回お茶を淹れた程度ではまだまだ茶殻に残されているため、何度も煎じて飲むとより効果が期待できます。
もっとも理想的な摂取方法は、茶葉ごと取る方法です。茶葉でジェノベーゼを作ってパスタなどにすると美味しく食べることができます。
カテキンの摂取目安量は1日1g程度摂取していれば、カテキンの効果が発揮できると言われています。

参考レシピ:Cpicon 生茶葉 de 爽やか〜な ジェノベーゼ

スポンサーリンク
緑茶で健康 カテキンパワー(健康・美容・予防・摂取方法・目安摂取量) はコメントを受け付けていません。 ポリフェノール 栄養素