ルチン摂取で脳梗塞、脳溢血、脳卒中、動脈硬化の予防‼


ルチンという成分を知っていますか?

この成分は蕎麦に多く含まれているポリフェノールです

高血圧や血栓症、動脈硬化の予防に役立つ成分として注目されています

今回はこのルチンを紹介したいと思います。

それではどうぞ

スポンサーリンク


ルチン摂取で健康生活

ルチンとは

ルチンは、そばやいちじくに特徴的に含まれるポリフェノールの一種で、抗酸化作用や血管強化作用があります。
高血圧や血栓症、動脈硬化の予防、抗炎症効果、アレルギー症、肌の老化予防、風邪をひきやすい方、がん予防などに効き目があるとされており、ヘスペリジンなどとともにビタミンPとも呼ばれている、水溶性のビタミン様物質になっています。

ルチン効果

ルチンは、そばの実特有に含まれているポリフェノール成分で、強い抗酸化作用をもっています。
血管壁を強く柔軟にしてくれることにより、脳梗塞、脳溢血、脳卒中、動脈硬化の予防、循環器系の病気は発症予防に
効果があります。
もう一つの大きな効果として、ビタミンCの吸収を助ける働きがあります。
ビタミンCの吸収率を高めることで、肌のしみやしわ、たるみの発生を防ぐことができ、アンチエイジング
により肌年齢の若い状態を保つことができます。
さらに、ルチンはアレルギーを抑えたりする効果も期待できます。ルチンは蕎麦に多く含まれますが、
蕎麦アレルギーの人もいるためエンジュの花からルチンを採取し使用することが多いみたいです。

抗炎症効果

このルチンという成分には、花粉症の症状を抑える効果があるとされています。
なので、花粉症の時は、そば湯などを飲むと症状が軽減され楽になるでしょう。

ルチンを多く含む食品

そばやアスパラガスのほか、オレンジ、グレープフルーツ、レモン、ライムなどにも含まれています。

注意

そばアレルギーはすぐにアレルギー反応が出る「即時型アレルギー」になり
症状がひどくなると死にいたいる「劇症型アレルギー」でもあるため、そばアレルギーを持っている方は食べないように
注意してください
そばアレルギーは一度発生した事があると軽くなる事はあるかもしれませんが
治る事は難しくなります。その体質が残り、一生食べられないとも言われています。
なので「治っただろう」と思い込みをして食べてしまい死に至るという方も多いみたいです。

スポンサーリンク
ルチン摂取で脳梗塞、脳溢血、脳卒中、動脈硬化の予防‼ はコメントを受け付けていません。 ポリフェノール 栄養素