脂質異常症と言われたら 悪玉コレステロールと中性脂肪を減らす方法

健康診断で脂質異常と言われたら、次の値をチェックしてみましょう。
HDL(善玉)コレステロールLDL(悪玉)コレステロールTG(中性脂肪)
すべて、人間の体には必要なものですが、そのバランスが崩れているのが、脂質異常症です。

この状態を放置しておくと、動脈硬化が進み心臓病などのリスクが高まります。

運動不足や食生活の乱れによって起こる場合と、遺伝によって起こる「家族性高コレステロール血症」があります。

スポンサーリンク


脂質異常症は3種類に分けられます。

先ほど述べた、健康診断でチェックすべき項目は3つありました。
それにしたがって、脂肪異常症も3つのタイプに分けられます。

1つ目は悪玉コレステロールが多い、高LDLコレステロール血症
2つ目は善玉コレステロールが少ない、低HDLコレステロール血症
3つ目は中性脂肪が多い、高トリグリセライド血症
です。

なぜコレステロールが悪いのか

LDLコレステロールは肝臓で作られたコレステロールを血液を通して体中に運ぶ働きをしています。
通常は、細胞膜の原料や各種ホルモンの原料として使われるのですが、過剰に運ばれると血管の壁に貯まり動脈硬化の原因となるのです。

HDLコレステロールはLDLとは逆に使いきれなかったコレステロールを肝臓に戻す働きをしています。
だから、HDLコレステロールが低すぎるのも動脈硬化の原因になります。

中性脂肪はエネルギー元として血液中を循環しているのですが、やはり多すぎると動脈硬化の原因となります。

コレステロールを減らす3つの方法

脂質異常症は3つのタイプに分かれているのは、すでに述べました。
それを防ぐ方法もそれぞれで少しずつ違います。

まず、LDL(悪玉)コレステロールを減らすためには、食生活の改善が効果的です。
肉や卵などの動物性脂肪を減らすと、多くの場合LDL(悪玉)コレステロールも減ります。

ただ、遺伝的な要因による「家族性高コレステロール血症」の場合には、食事を変更しても値が改善されません。
その場合には、投薬による治療しかないようです。

また、運動による効果はそれほど期待できなません。

中性脂肪の原因は、アルコールや糖分の取りすぎです。
男性の場合はアルコールの取りすぎが、女性の場合は糖分の取りすぎが多くなります。

つまり、中性脂肪を減らすためには、アルコールを減らし、甘いものを避けるという方法が有効です。

中性脂肪を下げるためには、運動が効果的です。

HDL(善玉)コレステロールを増やすには、食事はあまり関係がないようです。

運動が効果的で、1日30分ほどは、軽いジョギングなどを心がけましょう。
また、たばこを吸われる方は禁煙に心がけましょう。

スポンサーリンク

食事によるコレステロールは、血液中のコレステロールの値と無関係?

最近の研究では、食事によるコレステロールは、血液中のコレステロールの値と無関係という結果が出ています。

厚労省が作成した「日本人の食事摂取基準2015年版」では、コレステロール値の上限値が撤廃されました。

しかし、食事による血液中のコレステロールの変化は個人差が大きく、コレステロールの取りすぎで脂質異常症になる人も多くいます。

実際に食事改善で、コレステロール値が改善する場合が多いのです。

ただ、一口に脂質異常症といっても、タイプは人それぞれなので、正確な対処法は医師と相談して決めるのがよいでしょう。

スポンサーリンク
脂質異常症と言われたら 悪玉コレステロールと中性脂肪を減らす方法 はコメントを受け付けていません。 病気 脂質異常症