食後の血糖値の上昇を抑える桑の葉茶を自分で作ることは出来るか

桑の葉には、食後の血糖値上昇を抑える働きがあることがわかってきました。

日本では、カイコの餌として古くから植えられていました。

昔小学校では、社会の時間に桑畑の地図記号を教えていたくらいです。

漢方薬としても使われており、桑の葉茶を飲む習慣もありました。

最近はサプリメントや青汁の原料などの利用も増えてきました。

桑の葉に効果があることは、研究などからも明らかなのですが、短期間では結果が出にくいのです。

桑の葉茶も青汁も結構高価なものなので、もし桑の葉茶を自分で作ることができれば、と考え作り方を調べてみました。

スポンサーリンク


桑とはどのような植物か

近所で桑の木を見つけるとしたら、どんな植物かわかっていないといけません。

そこで、画像を探してみました。

トップの画像は桑の葉写真です。

葉っぱの形がわかりやすい、イラスト

下から見上げた写真

葉っぱの形が丸っこいです。

品種によって葉の形はいろいろあるそうです。
これだと、葉っぱの形で判別するのは難しいかもしれません。

地図で調べればわかるかも…
と思ったら、桑畑の地図記号は平成25年に廃止になっていました。

2万5000分の1地図から「くわ畑」「工場」などの地図記号が消えた? 子どものころ習った地図記号はどうなった

平成25年以前の地図で調べましょう。

桑の実は「マルベリー」と呼ばれ、そのまま食べたり、ジャムにしたりするそうです。

結構かわいい果実です。

ポリフェノールが豊富で、サプリメントとしても利用されます。

桑の木が見つかったとして、どのようにしてお茶にするのか見てみます。

スポンサーリンク

桑の葉茶の作り方

1.桑の葉が若葉の5月から、黄色になる前の11月までの葉を使用します。
木から直接葉っぱを摘んでもよいのですが、大変なので、枝ごと持ってきて2、3日陰干しにしておくと摘みやすくなります。

2.葉っぱを水洗いし、5、6分蒸します。
出来れば、蒸気が通りやすいように、2、3㎝の大きさに刻んでおきましょう。

3.蒸しあがったらすぐに広げて蒸気を飛ばします。

4.香ばしい香りがするまで、焙煎します。
フライパンなどで、煎ると良いでしょう。

お茶の製法と同じで、蒸したあと手もみなどをすると風味が増すそうです。
なかなか大変そうです。

数日天日で乾燥させるだけという作り方もあるそうですが、蒸したほうが風味が断然アップします。

参考ページ:「桑茶」の効能と作り方 :我が家の桑の木から作ってみた!

まとめ

自分で作るとなると、結構大変そうです。

まずは、プロが作った桑の葉茶を飲んでみて、気にいったら挑戦してみようと思います。

 

スポンサーリンク
食後の血糖値の上昇を抑える桑の葉茶を自分で作ることは出来るか はコメントを受け付けていません。 桑の葉茶 飲み物