妊娠したら、特に必要な栄養素 葉酸 妊活から初めて産後も続けるべき

pregnant-1400872_960_720

葉酸はビタミンB2の一種で、ほうれん草から発見されたため葉酸と呼ばれます

葉酸は細胞分裂の際に働くビタミンで、胎児の神経を作るときに特に必要な栄養素です

妊娠していなくても、男性でも必要です

通常の成人の必要量は240μg(マイクログラム)とされています

妊娠中の必要量は440μgとなります

つまり、通常よりも倍近い葉酸が必要です

いつから量を増やせばよいか迷いますが、次のように考えればよいでしょう

妊娠の計画をしてから妊娠発覚まで 440μg
妊娠発覚から妊娠3ヶ月まで 440μg
妊娠4ヶ月から出産まで 480μg
産後から離乳まで 440μg

ビタミンB類は体内に蓄積されません
つまり、必要量は妊娠期間中取り続けなければいけません

スポンサーリンク


葉酸を多く含む食品

葉酸は緑黄色野菜やレバー、果物などに多く含まれます

名前が葉酸なので、緑の野菜に多く含まれているというイメージを持ちやすいですが、ビタミンBの一種なのでレバーや果物にも多く含まれます

葉酸が豊富な食品の例を挙げておきます

焼き海苔、納豆、レバー、枝豆、ほうれん草、ブロッコリー、いちご、みかん

ただし、葉酸は熱や光で分解されやすい物質です

なるべく、新鮮な食材を用い、火を通しすぎないように注意しましょう

更に食品から摂取する葉酸は50%ほどしか体内に吸収されません

妊娠中にあまり食欲がない場合は、サプリメントなどを併用しましょう

葉酸と共にとってはいけない食品

葉酸の吸収を妨げる食物として、お酒が挙げられます

大量の飲酒は避けましょう

葉酸の副作用

葉酸を摂りすぎた場合も、問題が起こります

摂りすぎの目安は1000μg以上を継続して摂った場合です

症状としては、紅斑や発熱、ジンマシン、呼吸障害などが見られます

もし、このような症状が出た場合はサプリメントの使用を中止して、医師に相談しましょう

スポンサーリンク

まとめ

葉酸の一番確実な摂取方法はサプリメントです

しかし、摂りすぎても問題が起こるので、サプリメントの用量を守りましょう

葉酸を摂ることによって、子供の神経の発達を促し、ダウン症などの子供が生まれるのを防ぎます

スポンサーリンク
妊娠したら、特に必要な栄養素 葉酸 妊活から初めて産後も続けるべき はコメントを受け付けていません。 サプリメント 栄養素 葉酸